Category: Restoration

AI in Film Restoration

お手持ちのスペシャルコレクションの映画が不安定または不鮮明だったことはありませんか。後悔したことでしょう。ご安心ください!世界は人工知能(AI)システムに向かって進化しています。AIはフィルムの修復に使用できます。フィルム修復は近い将来、ワンクリックでできるようになるでしょう。 適切なアルゴリズムを使った自動処理プロセスにより、フィルムの修復が以前よりも簡単に、また、シンプルにできるようになります。現在の修復ソフトにはすでにAIが組み込まれており、欠損を修復できます。 予測分析とディープラーニングは今後さらに正確性と有効性が向上するでしょう。 AIは映像解析、翻訳、トランスクリプション、メタデータタグ、自動顔検出、AV同期、その他のポストプロダクション活動に深く浸透しています。そうした活動は人間の労力を大量に消費しています。現在はAI時代の初期であり、今後数年でメディア業界では、さらに多くのイノベーションが期待されます。

pgcorpcom on

LTO 8 – A Boon or a Bane?

LTOは最も手軽で信頼の置けるデータバックアップ方法だと考えられています。ユーザーはデータのアーカイブにもこのフォーマットを利用できます。容量と速度についてはLTOの旧世代で懸念がありますが、LTO 7およびLTO 8ではそれほど問題になりません。 LTO 7までは2世代に遡って互換性がありました。しかし、LTO 8以降では、互換性は1世代のみとなっています。これは、LTO 8ドライブで読み書きできるのはLTO 7のみで、LTO 6には対応していないことを意味します。これは大きな制限となっています。1つの世代から別の世代へデータを移行することは非常に費用が高く、頻繁なプロセスとなるからです。 LTOはおそらく、過去に考えられていた通り、長期要件でなく、短期リスクを移行するバックアップメディアとして限定されるでしょう。テープの信頼性となると、10年~15年は問題ないと言われていますが、保存条件とテープの取り扱いが重要な役割を果たすことになります。LTOはもはやアーカイブソリューションとして魅力のないものかもしれません。 RAID / MAIDテクノロジーを使ったニアライン ストレージ / オフライン ストレージ ソリューションは、あまりアクセスのない情報に向けて活性化しています。ソリューションは保存したいデータ量と構築する重複性、また、もちろん、予算に依存します。

pgcorpcom on

The forgotten tale of the first-ever ‘FIFA World Cup’

初めて開催されたFIFAワールドカップを観戦したことのある人は何人いるでしょうか? そうです、YouTubeで見ることができます。ヨーロッパの4チームが一緒にモンテビデオに渡ったのは興味深いことです。彼らはこの大会に参加しました。会場となったセンテナリオ競技場は壮観な場所で、約90,000人の観客が詰めかけました。参加チームは4グループに分けられ、各グループの勝者が準決勝に進みました。フランスとアメリカが最初の2ゲームを勝ち上がりました。ワールドカップで最初のゴールを挙げたのはフランスのリュシアン・ローランでした。2018年FIFAワールドカップではフランスが優勝しています。 決勝戦では、大観衆の前でウルグアイがアルゼンチンを下し、初のワールドカップ優勝国となりました。 クレジット:FIFATV 修復前の映像はYouTubeで見ることができます。YouTubeの映像は修復されていないため、複数の傷やホコリ、パッチ、ちらつきなどの欠損があります。

pgcorpcom on

AI in Film Restoration

Remember the last time you took a shaky or blurred movie from your special collection and you regretted it. Don’t worry Anymore! The world is moving towards a system called…

pgcorpcom on

LTO 8 – A Boon or a Bane?

We think of LTO as the easiest and most reliable way of data backup. Users were using this format for archiving data too. Space and speed was a concern with…

pgcorpcom on